トモミン家のインコ

私の家では、小桜インコのユキちゃんと言う二歳の女の子を飼ってます
ユキを飼い始めた時、まだまだ羽が生えそろわずに産毛だらけでした。もちろんご飯は離乳食
温度調節と食事管理がこの頃一番難しかった
小桜インコは最初くちばしが真っ黒なんですが、大人になるにつれて黄色く変化して行きます。
その頃には羽が生えそろい、親羽も生えてきます。
ユキはもう立派な大人の女です。
実は去年無精卵の卵を3~4個生んだんです。小さい体で頑張りました。
そしてその直後、ユキは大きな手術を受けました。
それは片足を関節から切断する事。またまたユキちゃん頑張りました
最後にがんばり屋のユキちゃんは人間の言葉まで話せるよーになってました(m’□’m)
よく一人でぺちゃくちゃしゃべってます(笑)ひどいときは舌打ちします(笑)
ちなみに小桜インコは動物の世界で唯一、本気で人間に恋をしてしまうそーです。
それゆえに『ラブバード』と呼ばれてるらしいですやっぱり鳥はかわいい